うつ病からの再就職・復職説明会
令和元年12月7日(土)・8日(日)
ご家族からの御相談も承ります。

うつ病は薬だけでは治らない
~ リワークのすすめ ~

1 うつ病と仕事

うつ病は誰でもかかりうるものです。

2019年8月、有名タレントのネプチューン・名倉潤さんがうつ病のため、休養に入ることを発表なさいました。
良き仲間やすてきな家族に恵まれ、仕事が順調であっても、うつ病になりうる、ということが知られるようになりました。

自分のうつ状態を周囲に打ち明けるということだけでも、勇気が必要ですが、うつ病は治るものなので、まず、周りの人の理解を得てしっかり休むというのが正しい選択です。

2 日本の現状

うつ病は今や日本全国で100万人。
病院に受診していない人も、200万人~300万人居るのでは、
と推定されています。
仕事を休職したり、離職したりしてしまう方もとても増加しています。

職場を離れてしまったご本人は早く仕事に戻ろうとあせりがち。
あせって仕事に復帰して、うつ病が再発してしまう、という例がとても多いのです。

うつ病の再発率がどれぐらい高いか、と言いますと・・・
職場復帰後、6ヶ月たって、また休職となってしまう確率が5割を超えているのです。

たとえ薬を飲み続けていても、うつ病の再発は起こってしまうのです。
しかし、この再発確率を劇的に減らす方法がすでに開発されています。

3 うつ病リワークとは?

「うつ病リワーク」を経て、職場復帰した場合、1年後の再休職率は1割です。
すなわち再発確率が激減するというデータが出ています。
これほどの効果がある「うつ病リワーク」とはどのようなものなのでしょうか。

「うつ病リワーク」というのは、うつ病からの復職リハビリテーションプログラムです。

手術後に歩行訓練をするなど、身体のリハビリが有効であるのは、みなさんよくご存知ですよね。
それと同じように、こころもリハビリをすることで、たくましく回復していくのです。

もしあなたがうつ病で休職してしまったり、仕事を辞めてしまったりしたら、かならず「うつ病リワーク」を経てから、仕事に戻ることをおすすめします。
そうすれば「何度も休職・離職を繰り返す」ということを避けることが出来るのです。

4 うつ病リワークプログラムの内容

しっかり休養期間を取った後に、ある程度気分の落ち込みから回復したら、リワーク施設へ通うことを始めましょう。 決まった時間に会社へ通勤することを想定した訓練となります。
1人で復職に向けてリハビリを行うことも不可能ではありませんが、「ひとりでは不安」と感じる場合は、ポンテのリワークへの参加をおすすめします。

5 復帰に向けて

「仕事に戻りたい」と思う場合、いままで働いてきた職場に戻りたいという場合と、いまの会社を退職して新たなスタートを切りたいという場合、2種類あると思います。

どちらの場合も、ポンテはあなたをサポートすることが出来ます。

元の職場に戻る場合

ポンテが、会社とあなたの間に入って仲立ちとなり、スムーズな職場復帰のための調整を行うことが出来ます。
ポンテは会社側の利益のためだけに動くことはしませんし、あなたの利益だけを考えて動くこともしません。

適切な職場復帰のタイミング復帰後の働き方の工夫について、お互いにとってベストな方法をポンテはアドバイスすることが出来ます。

病み上がりに自力で会社と交渉することは、なかなか難しいことですから、ポンテのような事業所を利用することにはメリットがあります。

再就職を目指す場合

うつ状態からの病み上がりに一人で就職活動をすることに不安を感じて、ポンテを頼ってきてくださる方も多いです。

ポンテは、有利な就職情報を提供することも出来ますし、面接の受け方や履歴書の書き方において受かりやすいコツをお伝えすることも出来ます。

就活の際、ポンテを利用する一番のメリットは、落ちた時にスタッフが寄り添ってくれることでショックをやわらげてくれる、ということかもしれません。
就活に失敗したショックでひきこもってしまい、そのままズルズルと10年、20年ひきこもりが続く、というような例は決して少なくないのです。

ポンテは、あなたが生活を立て直し、こころを立て直していくお手伝いをすることができます。

ポンテからはほとんど毎月就職者が出ています。

いつでもご相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

(ひきこもってしまった方が就職を目指して、インターネットを通じて在宅のまま支援を受けている例もポンテではたくさんあります。ご相談ください。詳しくは「在宅テレワーク」ページをごらんください。)

障害者就労移行支援事業所 Ponte <ぽんて> がお送りするお役立ちコラムです。各種制度のことや、心の健康のための知識などご紹介いたします。
〒040-0011 北海道函館市本町29-29 2F
TEL 0138-30-3366
お問合せ ルートを検索